淡路島サイクルフェスタ

この土日は今シーズン初レース もちろん審判ね
早起きしたら山陽道からぐるっと回ってとか 中国道からぐるっと回ってと考えたけど 寒いし止め
7時過ぎに一旦店に寄ってから湾岸線で淡路島へ

ちょっと寒かったので軽く電熱に通電 渋滞も無く淡路SAに
画像

スタバのコーヒーでチョット一服 トールカップにナミナミと入れてくれるものだから 歩いていたら熱々のコーヒーが飲み口から飛び出してジャケットに飛び散りました 熱かった~

このSAのGSはセルフです 満タンにして会場にGO
画像

公園内の駐車場や通路を駆使してのコースです かなり苦労してコース設定されているのですが イベンターさんのコース設定なんでちょっと大変
招待選手とバイクとで試走して危険なコーナーを手直し でも車一台分の幅しかない橋の対面通行や土手から水が染み出してくる場所など 対応不可の場所も多々あり

どうなることやらと心配だがレースは始まる 先ずはエキジビジョンレース
安田大サーカスの安田団長や タレントさんが走りますが これはマッタリ走行で1周だけで問題なし

次は2時間耐久 人数と全体のペースが待ったくわからないのでちょっと不安だったが すぐにバラバラになり先頭だけに集団が出来ている状態

今回のMOTO隊は 250のオフ車に 1000GTR K100RS そして1400GTR 先頭誘導は250じゃないとかなり厳しい 超タイトコーナーは1400GTRじゃ自転車よりコーナーリングスピード遅いですから

トラブル対応や安全確保で2時間グルグル  多少の落車は有りましたが無事終了

で 宿舎に向うわけですが 後方のバイクから「釘が刺さってる」と指摘 溝の部分に綺麗に刺さってます
画像

島内のGSじゃバイクのパンク修理してもらえるかわからないし 橋渡って名谷の赤男爵まで行くのも面倒くさいから ロードサービスに電話
宿で待っていればいいのでゆっくりでもOKと伝えて待つ
パンク修理だけだけどトラックで来ました ぱぱっと修理して橋の通行料の片道と修理代で2050円 ロードサービス券15km分を切り取って終了
しかしロードサービス良くわかりません 距離無制限/永年無料って成ってるけど 現場修理可能なら有料とか良くわかりません
NEXCO東日本のカードのロードサービスもパンク修理は有料なんだけど 高速代などは掛かるんだろうか?
ちゃんと調べて使い分け無いといけませんね

宿の民宿です 食事はいかなごや蛸と言った淡路島の名物 でも個人的には民宿ってあまり好きではないです せめて旅館 欲を言えば会場から目と鼻の先のウエスティンホテルがいいです

6時から朝食 7時に会場入り パンクはちゃんと直ってます メーター読みで330kPaなんでちょっと抜きました
画像


2日目は個人TTから 草TTレース荒らしのヤツもやはり来てました 安田団長は6分台 早い選手でも5分前半の中 3人前にスタートしたに迫る唯一の4分台でゴール
君は全日本TTを目指しなさい

そして4時間エンデューロがスタート 昨日と同じチーム数だけどピットでの交錯や 日曜日と言うことで一般のお客さんのコース横断と心配されましたが 更なるコース改修等々でなんと落車ゼロ
画像


先頭に10人規模の集団が有っただけで 5名程度の集団が出来ては消えてで バイクで集団コントロールする必要もあまり無し
終盤チームとソロと女性と先頭を押さえだしますが 最終的には全部同じ集団 こうなると細かい動きが増えるので250オフ車に先頭を任せ 最後尾へ入りゴール

MOTO隊のガスを入れて解散と思ったら岩屋のGSは日曜休み 仕方ないので淡路SAで給油と思ったら淡路ICからSAには入れません
ナビで探しても近くには無く仕方なく東浦ICから乗って淡路SAで給油と思ったら 東浦IC直前にGSあり そこで皆さん補給して解散

1000GTRは高速走行があまり好きじゃないそうで蛸フェリー&国道で広島へ
K100RSは プラグの調子が悪くもう一度調整(土曜日の晩に調べましたが 1~2気等火が飛んでいなかった見たい)
私は北神戸線~新神戸トンネル~湾岸線を激走して2りんかんに寄って帰宅
2日間みっちり走りましたが400kmしか走ってません 審判時は距離は出ませんね
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シュウ
2010年03月29日 23:38
パンク修理費用は自腹でしょうか?
アルバイト大変ですね!
はんこ屋
2010年03月30日 08:12
>シュウさん
パンクは自腹ですね
以前レース中に選手が停車中の審判バイクに突っ込んで転倒させた時はレースの保険で修理していました